脂肪燃焼のメカニズム

体内にある脂肪は、生命活動の中で分解・燃焼され、エネルギーとして消費されるようになっています。有酸素運動などをすると、体は活動エネルギーを求めるようになり、脳はそのためのエネルギー源を作るために、脂肪の分解を命じます。この命令によって分泌されるのが、アドレナリンなどの脂肪動員ホルモンと呼ばれるものです。そしてリパーゼという酵素によって脂肪は分解されます。分解された脂肪は二つの成分に分かれて血液に出され、筋肉でエネルギーとして燃焼されるというわけです。

 脂肪燃焼メカニズムと栄養成分

脂肪燃焼のメカニズムは、単純に運動をすれば脂肪が燃えるというイメージがありますが、意識して運動をしないときでも、日常生活の中で脂肪は燃焼されています。そして日常生活の中でエネルギー消費を促すには、サプリメントなどで摂取できる成分も有効です。たとえばカプサイシンには、脂肪動員ホルモンであるアドレナリンの分泌を促す効果があります。