内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪は見た目ではあまり判断できないので、まずは体についている自分の脂肪が、内臓脂肪なのか皮下脂肪なのかを見分ける必要があります。もっとも簡単なのは、おなかについた脂肪をつかんでみて、つかめるかつかみづらいかを見る方法です。

見た目どおりお肉がつかめた場合はそれは皮下脂肪です。しかし見た目的にお肉が出ているのに、手でつかんでもつかめなかった場合は、それが内臓脂肪の可能性が高いです。内臓脂肪を放っておくとメタボリックシンドロームになって、動脈硬化や心臓病などを引き起こす可能性があります。

 生活習慣で減らす

内臓脂肪を減らすには、単なるダイエットに限らず、生活習慣の改善が欠かせません。特に男性は、女性よりも内臓脂肪がつきやすいので注意しましょう。

  • 脂っこいものを控える
  • 早歩きのウォーキングで燃焼させる
  • 有酸素運動をする
  • お酒の量や回数を減らす
  • 動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質をとる
  • 野菜を多めに食べる